クリームでナチュラル

BBクリームとCCクリームの違い

ナチュラルメイク志向の方が増えてきたこともあり、最近話題になっているのがCCクリームです。 BBクリームから進化したベースメイクアイテムで、BBクリームより肌に軽い付け心地で、よりナチュラルに仕上げることができます。 BBクリームはファンデーションのようにカバー力があるため、色味で肌のあらをカバーすることができます。 CCクリームは光を拡散する働きがあるため、肌の色むらを整えて透明感を与え、ワントーン明るい色に見せる効果があります。 また、美容成分が多数配合されていて、肌を保湿しながら自然な仕上がりにすることが可能です。 ただし、CCクリームには、シミやニキビ跡などをカバーするほどの力がありませんので、カバー力に期待するならコンシーラーやファンデーションと一緒に使うのが良いでしょう。

ナチュラルに仕上げるベースメイク

すっぴん風メイクが流行っていることもあり、メイクをよりナチュラルに仕上げるのに向いているのが、CCクリームです。 単品使いでも肌をきれいにみせてくれる効果を持ってくれます。 光の反射を利用して、きめの整った透明感のある肌に仕上げてくれます。 単品だと化粧崩れが心配な方は、薄くフェイスパウダーを重ねると、メイクがくずれにくくなります。 CCクリームの色調補正を利用して、ファンデーションを重ねることによって、美しい肌に仕上げることができます。 薄くファンデを伸ばすことで、きちんとメイクしている感じを演出することも可能です。 日焼け止め効果も高く保湿力もあるので、他の化粧品との組み合わせ次第で、どんな肌に見せることも可能です。